ログイン
ユーザID または e-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録
メインメニュー

玄箱DebianでWebサーバを構築する。

apt-getでapache2パッケージを持ってくる。
ポート番号を設定する。これだけ。

1. Apacheパッケージのインストール anchor.png

#apt-get update
#apt-get install apache2
Page Top

2. ポート番号の設定 anchor.png

#vim /etc/apache2/ports.conf
 →適当なポート番号に変更

diff -Nu /etc/apache2/ports.conf.org /etc/apache2/ports.conf
--- /etc/apache2/ports.conf.org 2007-09-21 22:22:11.000000000 +0900
+++ /etc/apache2/ports.conf     2007-09-16 00:45:04.000000000 +0900
@@ -1 +1 @@
-Listen 80
+Listen 8080
Page Top

3. Defaultのページの変更 anchor.png

# vim /etc/apache2/sites-available/default

(diff -Nur /etc/apache2/sites-available/default.org /etc/apache2/sites-available/default)
--- /etc/apache2/sites-available/default.org    2007-06-19 17:36:39.000000000 +0900
+++ /etc/apache2/sites-available/default        2007-09-16 00:52:14.000000000 +0900
@@ -14,7 +14,8 @@
                allow from all
                # This directive allows us to have apache2's default start page
                 # in /apache2-default/, but still have / go to the right place
-                RedirectMatch ^/$ /apache2-default/
+                RedirectMatch ^/$ /index.html
+#                RedirectMatch ^/$ /apache2-default/
        </Directory>
 
        ScriptAlias /cgi-bin/ /usr/lib/cgi-bin/
Page Top

4. 初期ページの作成 anchor.png

# vim /var/www/index.html

(index.html)
<html><body>test page</body></html>

※日本語を使いたい場合には、エンコードをUTF-8にすればOK。
  vim の場合には、:set encoding=utf-8 を実行。
  poderosaのエンコーディングもUTF-8にすること。
Page Top

5. WEBサーバの再起動 anchor.png

#/etc/init.d/apache2 restart
 →何故かエラーが生じた
 apache2: Could not determine the server's fully qualified
 domain name, using 192.168.11.150 for ServerName

エラーが生じる場合には、玄箱自体を再起動
#reboot

トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 4185, today: 1, yesterday: 0
初版日時: 2007-03-26 (月) 02:24:08
最終更新: 2007-09-21 (金) 22:32:52 (JST) (3714d) by drillking