ログイン
ユーザID または e-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
Page Top

1.1. VNCサーバの一時起動 anchor.png

display番号 1 で起動する
# vncserver :1
  You will require a password to access your desktops.
  
  Password:(colinuxと入力)
  Verify:  (colinuxと入力)
  
  New 'localhost.localdomain:1 (root)' desktop is localhost.localdomain:1
  
  Starting applications specified in /root/.vnc/xstartup
  Log file is /root/.vnc/localhost.localdomain:1.log
Page Top

1.2. VNCサーバの停止 anchor.png

# vncserver -kill :1
  Killing Xvnc process ID 4344
Page Top

1.3. VNC Startupスクリプトの修正 anchor.png

# vi /root/.vnc/xstartup
  
  xterm, twm をコメント化し、gnome-sessionを呼び出す
  ==================================================================
  --- xstartup.org        2008-03-27 11:32:13.000000000 -0400
  +++ xstartup.mod        2008-03-27 11:35:54.000000000 -0400
  @@ -8,5 +8,8 @@
   [ -r $HOME/.Xresources ] && xrdb $HOME/.Xresources
   xsetroot -solid grey
   vncconfig -iconic &
  -xterm -geometry 80x24+10+10 -ls -title "$VNCDESKTOP Desktop" &
  -twm &
  +#xterm -geometry 80x24+10+10 -ls -title "$VNCDESKTOP Desktop" &
  +#twm &
  +export TZ=JST-9
  +export LANG=ja_JP.eucJP
  +export GTK_IM_MODULE="scim"
  +exec gnome-session &
  
  ==================================================================
Page Top

1.4. .bashrc の修正 anchor.png

# vi /root/.bashrc
  
  下記を追加
  export LANG=ja_JP.UTF-8
Page Top

1.5. VNCサーバの起動 anchor.png

# vncserver :1

※":1"は、ディスプレイ番号を指定する
  ":1"の場合には、TCP Port 5901 で接続する

※出力ディスプレイサイズ, 色深度を変更するには、下記のように指定する
※(↓解像度:1280[横]×1024[縦], 色深度:24bit表現)
# vncserver :1 -geometry 1280x1024 -depth 24
Page Top

1.6. /etc/hosts.allow の修正 anchor.png

# vi /etc/hosts.allow

ALL : ALL を追加
Page Top

1.7. scimが動作していることを確認 anchor.png

# ps ax|grep scim
  3177 ?        Ss     0:00 /usr/lib/scim-1.0/scim-launcher -d -c simple -e all -f socket --no-stay
  3180 ?        Ss     0:00 /usr/lib/scim-1.0/scim-helper-manager
  3181 ?        Ssl    0:00 /usr/lib/scim-1.0/scim-panel-gtk --display :1.0 -c socket -d --no-stay
Page Top

2. Windows側の設定 anchor.png

外部からVNCサーバへアクセスできるように、外部からVNCサーバへの
アクセスパケットをcoLinux側へ渡すように設定する

マイネットワーク
→プロパティ
→ローカルエリア接続(共有状態の接続)のプロパティ
→詳細設定
→[設定]ボタン押下
→[追加]ボタンを押下
  
  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━┓
  ┃設定項目                              ┃設定内容      ┃
  ┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━┫
  ┃サービスの説明                        ┃VNCサーバ_5900┃
  ┠───────────────────╂───────┨
  ┃ネットワークでこのサービスをホストして┃172.30.0.2    ┃
  ┃いるコンピュータの名前またはIPアドレス┃              ┃
  ┠───────────────────╂───────┨
  ┃このサービスの外部ポート番号          ┃5900          ┃
  ┠───────────────────╂───────┨
  ┃このサービスの内部ポート番号          ┃5900          ┃
  ┠───────────────────╂───────┨
  ┃チェックボックス                      ┃TCP           ┃
  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━┛
  
  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━┓
  ┃設定項目                              ┃設定内容      ┃
  ┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━┫
  ┃サービスの説明                        ┃VNCサーバ_5901┃
  ┠───────────────────╂───────┨
  ┃ネットワークでこのサービスをホストして┃172.30.0.2    ┃
  ┃いるコンピュータの名前またはIPアドレス┃              ┃
  ┠───────────────────╂───────┨
  ┃このサービスの外部ポート番号          ┃5901          ┃
  ┠───────────────────╂───────┨
  ┃このサービスの内部ポート番号          ┃5901          ┃
  ┠───────────────────╂───────┨
  ┃チェックボックス                      ┃TCP           ┃
  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━┛
Page Top

3. VNC Viewerで接続する anchor.png

Page Top

3.1. VNC Viewer をインストールする anchor.png

 http://www.forest.impress.co.jp/lib/inet/servernt/netuty/vnc.html
Page Top

3.2. Windows側から接続する anchor.png

 下記の設定で接続する
 ┏━━━┳━━━━━━━┓
 ┃Server┃172.30.0.2:1  ┃
 ┠───╂───────┨
 ┃passwd┃colinux       ┃
 ┗━━━┻━━━━━━━┛
Page Top

3.3. 外部のPCから接続する anchor.png

 下記の設定で接続する
 ┏━━━┳━━━━━━━━━┓
 ┃Server┃XXX.XXX.XXX.XXX:1 ┃
 ┠───╂─────────┨
 ┃passwd┃colinux           ┃
 ┗━━━┻━━━━━━━━━┛
 ※IPはWindows側のIPアドレスを指定する

↓VNC Viewer上でGnomeを使用できる

coLinux_VNC_Server_01.png


トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 3058, today: 1, yesterday: 0
初版日時: 2008-05-09 (金) 19:14:06
最終更新: 2008-05-09 (金) 19:14:21 (JST) (3483d) by drillking