ログイン
ユーザID または e-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録
メインメニュー

設定ファイルをできるだけ変更せずに動的にIPを変更して使用する。

■玄箱の情報(例)

IPアドレス192.168.11.100
移動先で使用するIPアドレス172.18.0.100
移動先DNSサーバ1172.18.0.2
移動先DNSサーバ2172.18.0.3
移動先proxyサーバ172.18.0.5(port 8080)
移動先デフォルトGW172.18.0.1

■設定変更用ホストの情報(例)

IPアドレス172.18.0.29

1. ホストのIPアドレス(Windows)を玄箱と同じネットワークに所属するIPアドレスへ変更する anchor.png

172.18.0.29 → 192.168.11.29
Page Top

2. ホストと玄箱をLANケーブルで接続する anchor.png

接続の際、玄箱の背面にある( X <-> ‖)の設定を(X)にする
Page Top

3. ホストから玄箱にTelnetでログインする anchor.png

telnet : 192.168.11.100

ログイン後、suコマンドを使用して、rootにスイッチする。
# su -
Page Top

4. DNSサーバ設定 anchor.png

移動先のDNSサーバの設定を追加する
# cat /etc/resolv.conf 
search
nameserver 172.18.0.2 ←追加
nameserver 172.18.0.3 ←追加
nameserver 192.168.11.1
Page Top

5. proxyの設定 anchor.png

# vi ~/.bashrc

移動先のproxy情報を追加する
export http_proxy=http://172.18.0.5:8080/
export ftp_proxy=http://172.18.0.5:8080/
Page Top

6. IPアドレス変更 anchor.png

# ifconfig eth0 172.18.0.100 netmask 255.255.0.0 up
Page Top

7. ホストのIPアドレス(Windows)を移動先のネットワークに所属するIPアドレスへ戻す anchor.png

192.168.11.5 → 172.18.0.29
Page Top

8. 玄箱を移動先のネットワークに接続する anchor.png

接続の際、玄箱の背面にある( X <-> ‖)の設定を(‖)にする
Page Top

9. 玄箱を移動先のネットワークに接続する anchor.png

telnet 172.18.0.100

ログイン後、suコマンドを使用して、rootにスイッチする。
# su -
Page Top

10. デフォルトゲートウェイの設定 anchor.png

# route add default gw 172.18.0.1

トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 2898, today: 1, yesterday: 0
初版日時: 2007-10-07 (日) 10:54:08
最終更新: 2007-10-07 (日) 11:25:09 (JST) (3699d) by drillking